読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第二回「大阪てのひら怪談」佳作受賞作品

作品タイトル:お試し 
筆名:光原百合

 昔、つきおうとった彼女と日曜日に梅田で待ち合わせたことがあってん。
 阪神百貨店地下入口の近くの地下街や。あの辺、ふっとい柱が何本も天井を支えてるやんか。ちょうど肉まんの「蓬莱」の前の柱のとこで待ち合わせてた。柱に寄りかかって待ってたんやけど、約束の時間から30分経っても1時間経っても彼女が来んのや。
 今ならすぐ携帯で電話かメールってとこやけど、その頃そんなもんはあらへん。柱の裏んとこに公衆電話があったから、そこから電話すればええようなもんの、彼女自宅生やったから、休みの日の親父さんが出たらと思うとなあ。とうとう3時間待って、さすがに電話しよ思うて、柱をぐるり回った。
 そしたら彼女がそこにおった。とたんに「今まで何しとったんや!」って怒られた。なんでやねん。
 結局俺ら二人とも、柱を挟んで三時間、相手が裏側にいるとは思わず待ってたらしい。でもな、俺かてずっと柱に貼りついとったわけやなく、彼女がその辺に来とらへんかと少しはうろうろしたんやで。彼女の方もそうやったから、きっちり同じタイミングでうろうろしたせいですれ違い続きやったとしか思えんけど、そんなことがありうるやろか。やっかみ屋の神さんかなんかが、俺らを喧嘩別れさそうとして仕組んだんちゃうかと思うたわ。
 でもまあ別れることもなく、もうすぐ銀婚式を迎えるわけやが。そのあと多少の行き違いがあっても、あのときのあれだけアホらしい行き違いに比べたら、なんてことはないと思えたんや。そう考えたら、あの出来事は神さんが俺らを試したんかもしらんな。