第三回「大阪てのひら怪談」のお知らせ

大阪をテーマにした怪談を募集します!

 

あなたも怪談を書いてみませんか!?

~800字の「大阪怪談」を募集中!~

◆2月10日(土)~21日(水)まで、大阪のSUNABAギャラリーで、「第三回 大阪てのひら怪談展」が開催されます。

 

この企画展にちなんで「大阪」をテーマとする800字の怪談募集をおこないます。

  • 応募期間は2017年09月01日~2017年11月30日の午後11時59分送信まで●

*応募資格は不問。大阪で生まれ育った方、大阪に現在お住まいの方はもちろん、大阪を一度も訪れたことがない方の応募も歓迎いたします。

*テーマについては、大阪と何らかの関わりがあれば可とします。歴史の陰翳に富んだ大阪という土地にまつわる話や、現代の大阪を舞台とする話はもちろん、大阪とゆかりのある人物や文学作品、歴史上の事件に関係する話、怖くて面白ければなんでもあり! の方針で臨みたいと思います。

※応募作品には出来る限り山下昇平氏がイラストを付け、SUNABAギャラリーにて展示予定です。

【応募宛先】 URL http://bit.ly/2hTsXjk

※昨年までと応募先が異なります。

 

応募フォームに入力し、送信を行って下さい。応募作はWeb上で公表予定ですが、改行、誤字訂正等のリクエストには応じられない可能性がありますので、十分に見直しを行ってからの投稿をお願いいたします。

応募で届いた作品はそのままコピー&ペーストで掲載されます。フォントや改行が意図したものと異なった状態で掲載される可能性がありますが、ご了承ください。

SUNABAギャラリーで掲載時には、応募作のフォント等を変更する可能性があります。(内容の変更を行う行為は一切致しません)

 

【応募規定】

※実話・創作を問わず広義の怪談(怖い話、不思議な話、奇妙な話など)に属するオリジナルの物語を募集します。

※なんらかの形で「大阪」と関わりのある物語であること。

※応募資格は不問。

※応募作は商業出版社の本や雑誌やサイトで未発表のものに限ります。

※本文(タイトルや筆者名は含まず)字数の上限は800字。

なお筆名は、お一人一つのみを使用とさせていただきます。

※応募本数は1人3作品までとします。

※応募期間は2017年09月01日~2017年11月30日の午後11時59分送信まで有効

*最終選考は、田辺青蛙、酉島伝法、東雅夫牧野修、山下昇平がおこないます。

*入選作品はSUNABAギャラリーで開催されるイベントで朗読されるほか、記念品が授与されます。

大賞:1作品 

Amazon商品券1万円分と山下昇平氏のオリジナル作品を贈呈予定

優秀賞:3作品

商品券3千円分と大阪に纏わる記念品等を贈呈予定

佳作:5作品

大阪に纏わる記念品を贈呈予定

個人賞:5作品

審査員による記念品を贈呈予定

SUNABAギャラリー賞:1点

何が贈呈されるかはお楽しみに!

 

※SUNABAギャラリーは移転しました。

〒530-0015

大阪市北区中崎西1丁目1−6 吉村ビル302

Tel.080-6145-7977

sunabagallery@gmail.com

 

公募に関する問い合わせや、取材に関する連絡は下記のアドレスまでよろしくお願い足します。

osaka_kwaidan@yahoo.co.jp

 

「大阪てのひら怪談展 参」

2月10日(土)~21日(水)

http://sunabagallery.com

SUNABAギャラリー

space B

時刻:14~20時、水曜日18時

休廊日:木金休廊

入場料:無料

 

■関連リンク■

 

「ふるさと怪談トークライブ」公式WEBサイト

 

山下昇平ギャラリー

http://beansworks.co.jp/

 

東雅夫の幻妖ブックブログ

http://blog.livedoor.jp/genyoblog-higashi/

 

怪談専門雑誌『幽』オフィシャルサイト

http://promo.kadokawa.co.jp/yoo/

応募作29

「遺りもの」

侘助

 通路が所々狭くなっているので気をつけてくださいね。物が飛び出ていたりするで。
 全部で万は下らないでしょうね。小さい物だと箸置きとか針と糸とか。大きい物ですと自動車まではいかなくても、自転車とか大八車なんかはありますね。流石に消え物は保管していませんが、ここには舞台で使う小道具はおおよそ何でもあります。
 それで何でしたか。ああ。傘でしたね。
 こちらがその、浪花の人情喜劇王があの舞台で使った番傘です。多少草臥れてますが。
 ご存じとは思いますが、それはそれは見事な芸でした。片手で和傘を開くのに、竹刀のように振り下ろして勢いで開くやり方は誰でもやります。歌舞伎の見得でもありますね。
 先生はそうじゃなかった。閉じたまま普通に差すときのように持って、気持ち肩を内側に入れながら曲げた肘を勢いよく下げて、頭の上でぱっとやる。まるでバネ仕掛けのジャンプ傘ですよ。それは見事に開いたもんです。あんなことする人は他には居ません。
 本当にいい時代でしたね。同じ新喜劇と名乗っていても、吉本さんのとはまた別もの。人生の機微。涙があってその中に笑いがある。浪花の心の故郷ですね。
 先生も随分と破天荒な生き方をされました。春団治と通じるものもありますな。惜しむらくは先生の芸を継ぐ人が出なかった。虎の前に虎なし虎の後に虎なしと言いますか。
 それで何をお訊きになりたいんでしたっけ? ああ。この番傘がどうして鎖でぐるぐる巻きにされて南京錠を掛けられて、更に生玉さんのお札まで貼られている理由ですか。
 雨の日にですね。先生が傘の芸を披露したホンを舞台に掛けるとですね。懐かしく思うのかも知れませんなぁ。例の花道の場になると、こいつがバンと開くんです。
 まぁ、この一本ならいいんです。流石にここに収めてある百本は下らない傘が、それに釣られて一斉に開くと何かと大変でしょう?

応募作28

「へぐひ」

最寄ゑ≠

 食べ歩きの一日を陸カフェの満喫セットで〆て、難波から新宿行きのバスに乗る。大たこも美味しかった。蓬莱も美味しかった。十三大橋を渡る頃、夜空にぽっかり空中庭園が浮かんでいた。ああ、お腹いっぱい。何だか眠くなってきちゃった。

 ハッと気が付くとひっかけ橋の欄干にもたれて立っていた。猛烈にお腹が空いている。
「おじさん、たこ焼き8つ」
「ええっと、豚まん2つ」
 食べ歩きの一日を陸カフェの満喫セットで〆て、難波から新宿行きのバスに乗る。十三大橋を渡る頃、夜空にぽっかり空中庭園が浮かんでいた。ああ、お腹いっぱい。何だか眠くなってきちゃった。

 ハッと気が付くとひっかけ橋の欄干にもたれて立っていた。猛烈にお腹が空いている。
「おじさん、たこ焼き8つ」
「ええっと、豚まん2つ」
 食べ歩きの一日を陸カフェの満喫セットで〆て、難波から新宿行きのバスに乗る。夜空にぽっかり浮かぶ空中庭園を眺めていると、何か物凄い眠気が…。

 ハッと気が付くとひっかけ橋の欄干にもたれて立っていた。猛烈にお腹が空いている。
「おじさん、たこ焼き8つ」
 焼き立てのをがつがつと頬張る。
「お姉さん、500円」
「あ、すいません。今…」
 お財布は空っぽだった。
「はあ、お金ないてかなんなもう。ちょっと警察呼んできて。そこのロッテリアの横の」

 道頓堀の人ごみの中、おまわりさんに手を曳かれて歩く。通りすがりの人たちの視線を感じる。ひそひそ声が聞こえる。
「見てみ、食い倒れちゃうか」
「うわ、食い倒れとかアホやん」

 取調室に入って来たおまわりさんは湯気の立つお茶椀とグリコを3つ、机に並べた。
「まあ食え。腹減ってしゃあないやろ」
「あの、食い倒れって何ですか」
「案の定、お嬢ちゃんも食い倒れたんかいな。ほうほう、ふむふむ、そら難儀なこっちゃ。ええか、よう聞きや。電車賃は貸したるさかい、大阪駅からJRでいっぺん三宮に出てみ。そんだけ食うたらな、或いは下りやったら通じるか知らん」

応募作27

「奇妙な実話2題」

GIMA

大阪・和泉市
 2004年4月、「子供が犬に噛まれた」という119番通報が入った。通報したのは母親で、子供は生後4ヶ月の二男だった。診察した医師が男児の傷口を不審に思い、和泉署に通報。
 調べの結果、母親が鋭利な刃物で二男の睾丸を切除したとわかり、和泉署は母親の田村静絵容疑者(24)を逮捕した。
 田村容疑者は調べに対し、「安全カミソリを使って切った。幼い頃から虐待を受けていて、男性不信から発作的にやってしまった」と供述。
 田村容疑者は女の子が欲しくて、近所にも女の子だと言い張っていたという。
 裁判で地裁は、田村容疑者の精神鑑定を実施した。

大阪・堺市
 2010年8月、堺市内のホテルから「異臭がする」と通報があり、堺署員が駆けつけると、屋外の非常階段から地下へ下りる踊り場で、自転車にまたがり、壁にもたれかかった状態の男性の遺体が見つかった。
 指紋などから身元は40代の男性と判明。着衣の乱れや外傷はなく、現場周辺に転落したような形跡もなかった。司法解剖の結果、死後1週間以上と推定されたが、死因は「不明」と判定された。
 堺署は遺体の状況などから事件性はないと判断した。
 結局、男性が自転車で階段を下りて地下の踊り場にいた理由は不明で、堺署幹部は「現場写真を見て、こんな死に方があるのかと驚いた。何のために踊り場にいたのかもわからないし、謎は深まるばかり」と首をかしげている。

応募作26

「祭の夜」

三割丸菊

「ほら、あれが阿倍野ハルカスでこっちが梅田のスカイビルや」俺の適当な言葉に耳を傾けるわけもなく、タケは「次は、当てもンや!」猛ダッシュで駆けてゆく。「僕も!」頬っぺたを綿菓子でかぴかぴに光らせたしゅんも続く。興奮度マックスだ。無理もない。大人だって、アセチレンガスの灯りの色と香りには惑わされる。めくるめく非日常の世界。今年は特に夜店の数が多い。集まる人もなぜか不思議に五割増し。俺が思いを寄せてた幼馴染の綾香は、従兄弟の友介と里帰りだ。去年生まれた赤ん坊連れて。まあいい、赤ん坊ってのは例外なく可愛いもんだ。俺は乳母車をのぞいてあやしてやった。
 俺の家は不夜城。何と言う明るさ。何と言う喧騒ぶり。無理もない。一年に一回今日この日、俺の実家に一族郎党が集まっているのだ。「遅いやん」友介に爽やかに肩を叩かれ一瞬ぎょっとする。「始まってるよ」と綾香が妖艶に手招きする。大広間を這いずり回る赤ん坊は、皆のアイドルだ。タケたち甥っ子軍団はレトロ感がいいのか昔懐かしいボードゲームでやたら盛り上がってる。違和感はあった。だって抜けたのは俺が一番先で、皆はまだ祭の場にいたはずなのに。だけど久しぶりの人の群れに酔った俺は思考停止だ。すぐ睡魔に捕まった。朝目が覚めたら静かだった。静かすぎる。がらーんとした家ん中を走り回る俺。腐った湿った臭いが鼻をつく。俺は泣きそう。家の外には,崩折れた村の光景。まともな家は一軒もない。どうしようもないほど無彩色ばっか。こんなとこで蔓延ることができるのは死滅した細胞だけ。そして唯一残った色は、小高い場所に見える祭神社の折れ曲がった鳥居の赤色だけだ。阿倍野ハルカスも梅田のスカイビルももちろん見えない。当たり前だ。俺たちがいたのは、そんなのができるずーっと前だ。一斉に翔び立った蠅の真っ黒な群れが俺の腐った体を形づくる。何だ、そういうことか。で、また来年ー。

応募作25

「バス、来ぇへんで」

船生蟹江

 暑い夏は嫌いだ。特に胸が蒸れてしょうがない。コンプレックスの大きな乳房を包む布も、胸の突出をどうにかしたくてできた猫背も、鞄を抱え込む立ち方も。全てが悪循環を生むものだった。
「暑いなぁ。バス、はよ来んかな」
 時計を見ると、バスは停留所をとっくに発車している時間だった。コンクリートでじりじりと炙られる毎に、いら、いらと焦らされていく。そんな中、なんだか生臭いビル風が背後を通った。いやな風だなと思いながらも、視線はバスが走ってくるはずの道路から離すことなく。過ぎゆく車の背後に高い車体があることを期待し続け、待ち続けた。
バスのような車はいくら待っても見えてこず。遅すぎるわ。そう思ったときだった。
「バス、来ぇへんで」
 間近で、女の低い声が聞こえた。周囲を見まわすが、それらしい声の主はいなかった。それでも、また聞こえるのだ。
「バス、来ぇへんで」
え、なに。どこから聞こえるん。至近距離にいるはずの声の主。だが、私の周りには誰もいない。それなのに聞こえ続ける声は、恐怖を通りこし、いったい何者が発するものなのかと……正体を暴きたくてたまらなくなった。
(落ち着こう、次はよーく、聞いてみよう)
神経を耳に集中した。
「バス、来ぇへんで」
きた! 今度は発信源の位置が正確にわかった。しかし、せっかくわかった声の主の位置に私は恐怖を覚えた。
(まさか、なんで……そんなとこから)
私は恐る恐る、姿勢を正し、胸元の薄い布をめくった。そこには、白でそろえた下着と、日焼けしかけたデコルテと、下着でできた胸の谷間と、谷間に挟まれる唇。唇。
唇が、なぜそんなところにあるのだろうか。それも、オレンジ色のグロスを塗ったしわくちゃの唇だ。そんなものが、なぜ私の胸の谷間にあるのだろうか。食い入るように見つめる私の注視に気を良くしたのか、唇はまた
「バス、来ぇへんで」
と告げ、今度はにたりと笑うのだった。

応募作24

「鞄の持ち主」

船生蟹江

 電車に乗っていると、大学生くらいの若い子が声をかけてきました。
「あのぅ。おじいちゃん、ちゃんと家に帰れましたか」
どういうことかと聞くと、どうやら私が荷物の整理をしようと椅子に並べていた革の小さな鞄を見て話しかけたのだとか。なんでも、この鞄の持ち主と昨日、天王寺駅で会ったというのです。
「僕、一心寺さんに向かってたんです」
歩いていくかバスを探すかと天王寺駅で迷っているうちに、老人に声をかけられたのだそうです。
「一心寺さんに行きたいんやが、なんやここ、ほんまに天王寺かいな」
ひどく老いてはいるが、着ているポロシャツも綿のパンツも大事に使い続けている上等なもので、お洒落なじいちゃんやなと思ったとか。特に洒落ていたのは脇に抱えた革の鞄。長年使い続けたから出される柔らかさと光沢とレトロなデザインはとても目を惹かせるもの。まさに私の持つ鞄そのものだったそうです。
「僕も一心寺さんに行くとこなんで、いっしょに行きましょう」
 一人で歩かすには心もとないくらいに老いた男性だったので、その子はタクシーの相乗りに誘いました。すると老人は一心寺に着く直前、運賃としては充分過ぎるお金を、礼だと言って渡してきたといいます。断ったけれども、譲らず。タクシーをいつまでも停めておくわけにもいかず、観念してひとまず受け取り。運賃を支払っているうちに……老人はいつの間にかいなくなっており、お寺のどこを探してもその人は見つからなかったとのこと。
「これがその三千円です」
おじいちゃんに返しといてくださいと渡されたお札の顔は、三枚ともが擦り切れそうな夏目漱石
「ああ。鞄に入れとったお金、それでなくなっとったんや。お義父さん、先に行ったんやね。」
不思議そうな顔をする若者に、私は鞄の横箱を指さしながら言いました。
「この鞄の持ち主、これから一心寺さんで供養してもらうねん。鞄と一緒に」
 骨仏になるん、楽しみにしとったから。