第三回「大阪てのひら怪談」のお知らせ

大阪をテーマにした怪談を募集します!

 

あなたも怪談を書いてみませんか!?

~800字の「大阪怪談」を募集中!~

◆2月10日(土)~21日(水)まで、大阪のSUNABAギャラリーで、「第三回 大阪てのひら怪談展」が開催されます。

 

この企画展にちなんで「大阪」をテーマとする800字の怪談募集をおこないます。

  • 応募期間は2017年09月01日~2017年11月30日の午後11時59分送信まで●

*応募資格は不問。大阪で生まれ育った方、大阪に現在お住まいの方はもちろん、大阪を一度も訪れたことがない方の応募も歓迎いたします。

*テーマについては、大阪と何らかの関わりがあれば可とします。歴史の陰翳に富んだ大阪という土地にまつわる話や、現代の大阪を舞台とする話はもちろん、大阪とゆかりのある人物や文学作品、歴史上の事件に関係する話、怖くて面白ければなんでもあり! の方針で臨みたいと思います。

※応募作品には出来る限り山下昇平氏がイラストを付け、SUNABAギャラリーにて展示予定です。

【応募宛先】 URL http://bit.ly/2hTsXjk

※昨年までと応募先が異なります。

 

応募フォームに入力し、送信を行って下さい。応募作はWeb上で公表予定ですが、改行、誤字訂正等のリクエストには応じられない可能性がありますので、十分に見直しを行ってからの投稿をお願いいたします。

応募で届いた作品はそのままコピー&ペーストで掲載されます。フォントや改行が意図したものと異なった状態で掲載される可能性がありますが、ご了承ください。

SUNABAギャラリーで掲載時には、応募作のフォント等を変更する可能性があります。(内容の変更を行う行為は一切致しません)

 

【応募規定】

※実話・創作を問わず広義の怪談(怖い話、不思議な話、奇妙な話など)に属するオリジナルの物語を募集します。

※なんらかの形で「大阪」と関わりのある物語であること。

※応募資格は不問。

※応募作は商業出版社の本や雑誌やサイトで未発表のものに限ります。

※本文(タイトルや筆者名は含まず)字数の上限は800字。

なお筆名は、お一人一つのみを使用とさせていただきます。

※応募本数は1人3作品までとします。

※応募期間は2017年09月01日~2017年11月30日の午後11時59分送信まで有効

*最終選考は、田辺青蛙、酉島伝法、東雅夫牧野修、山下昇平がおこないます。

*入選作品はSUNABAギャラリーで開催されるイベントで朗読されるほか、記念品が授与されます。

大賞:1作品 

Amazon商品券1万円分と山下昇平氏のオリジナル作品を贈呈予定

優秀賞:3作品

商品券3千円分と大阪に纏わる記念品等を贈呈予定

佳作:5作品

大阪に纏わる記念品を贈呈予定

個人賞:5作品

審査員による記念品を贈呈予定

SUNABAギャラリー賞:1点

何が贈呈されるかはお楽しみに!

 

※SUNABAギャラリーは移転しました。

〒530-0015

大阪市北区中崎西1丁目1−6 吉村ビル302

Tel.080-6145-7977

sunabagallery@gmail.com

 

公募に関する問い合わせや、取材に関する連絡は下記のアドレスまでよろしくお願い足します。

osaka_kwaidan@yahoo.co.jp

 

「大阪てのひら怪談展 参」

2月10日(土)~21日(水)

http://sunabagallery.com

SUNABAギャラリー

space B

時刻:14~20時、水曜日18時

休廊日:木金休廊

入場料:無料

 

■関連リンク■

 

「ふるさと怪談トークライブ」公式WEBサイト

 

山下昇平ギャラリー

http://beansworks.co.jp/

 

東雅夫の幻妖ブックブログ

http://blog.livedoor.jp/genyoblog-higashi/

 

怪談専門雑誌『幽』オフィシャルサイト

http://promo.kadokawa.co.jp/yoo/

第二回「大阪てのひら怪談」イラスト販売を開始しました。

大阪てのひら怪談 弐 特設webショップ

大阪てのひら怪談 弐 特設webショップ

いずれも山下昇平 作
 制作年:2016/W 210 x H 297 mm
鉛筆 顔彩 アクリル絵具/紙
4,000円(額別、税込)+送料

 

今回はSUNABAギャラリーのオーナーの樋口ヒロユキさんに販売をお任せしています。問い合わせ等は、樋口さんに直接お願い致します。

 

昨年の「大阪てのひら怪談」のイラストは4月末で一旦販売を終了致します。

大阪てのひら怪談イラスト販売所

 

来年の2月に「大阪てのひら怪談」展を再び開催予定です。

今後とも「大阪てのひら怪談」をよろしくお願いいたします。

来年に向けて大物ゲスト!?と現在出演交渉中です。

ひらかた怪談サークルで大阪てのひら怪談の合評会

「ひらかた怪談サークル」で大阪てのひら怪談の合評会イベントを行うようです。

SUNABAギャラリーでは、ぞわぞわ来る怖くて面白い怪談話を連発してくれた「ひらかた怪談サークル」さん。3月19日に怪談を語りたい方、聞きたい方、怪談を書いてみたい方は参加してみてはいかがでしょうか?

 

ひらかた怪談サークル

 

次回例会は3/19(日)15:00~ですが、14:00から応募自作の合評会をすることになりました!
入賞を逃したメンバーの作品を読むチャンスです。
メンバー以外の方もお気軽にご参加ください。
「とにかく読んで欲しい」「とにかくほかの方の作品を読んでみたい」という方も大歓迎です!

【3月例会】
日時:2017年3月19日(日)15:00~17:00
会場:枚方市サンプラザ生涯学習市民センター和室1
テーマ:「怪を見る」
     妙なものが映っている写真、画像、動画などを持ち寄ります。
     写真にまつわる怪談、その種の本やDVD情報などもシェアしましょう!
※14:00~「ガッピョ~!!会」を行います。
 「大阪てのひら怪談」への応募作品を合評したり読んだりします。
 メンバー以外の方も大歓迎ですので、応募作品をプリントアウトしてご持参ください。
 読み専門(批評なし)、聞き専門(聞きたいだけ)でもOKです。

大阪てのひら怪談について思うこと等

気が付けば今年で「てのひら怪談」が刊行されてから10年目なのですね。
早いものです。

800文字ならば原稿用紙2枚だし、私でも書けるかも知れない。
そう思って、今は無きオンライン書店ビーケーワンのコンテストに投稿したのが切っ掛で、それから800文字の面白さに取り憑かれてずっと書き続けています。


800文字の掌編はなかなか本にならなかったり、出版社からの依頼もないという難点はありますが、読みやすくて書きやすい、そしてイベントとの相性の良さがいいところも魅力的です。


今年は大阪だけでなく広島県尾道でも「尾道てのひら怪談」が開催されています。SUNABAギャラリーの展示企画中には「ひらかた怪談サークル」とのコラボイベントも開催することが出来ました。

尾道てのひら怪談

onomichikwaidan.wixsite.com


こうやって様々なイベントと共に「てのひら怪談」の輪が全国に広がって、長くブームとなって続いてくれることを願っています。

私のような未熟な作家が本来ならば審査員という立場にいるべきではないのでしょうが、企画の主催者であり800文字Loverの1人として参加しているということで、お許しください。


今回も多くの方のお力添えがあって、無事イベントを終えることが出来ました。
前回の反省点を踏まえ、展示方法を変えてみたり、要望を受けて、新しいイベント企画を盛り込んでみましたので、今後の為に何か要望やご意見がありましたら遠慮なくメールでお知らせください。

メールアドレス】osaka_kwaidan@yahoo.co.jp

 

 どの作品も読んでいて本当に面白く、楽しかったです。先に応募作品を読んだ後に、山下昇平さんのイラストを見てまた楽しめたるのは、審査員の特権でしたね。
「大阪てのひら怪談」というイベントをお祭りのように楽しんでいただけるよう、今後も審査員の先生方と共に考えながら企画を進めていきたいと思います。

 

田辺青蛙

 

関連サイト

hirakatakwaidan.blog.fc2.com

 

sunabagallery.com

 

お知らせ②

 

色々と1人でやっているということもあり、手が回っておらず、告知が遅くなってしまいまして、申し訳ありません。

 

イラストの販売については、今回はSUNABAギャラリーのオーナーの樋口ヒロユキさんに委託を行うことにしました。

販売開始時期等が確定しましたら、当ブログにてお知らせいたします。

 

また、前回の応募作品のイラスト販売を行っているBASEのサイトは2017日の4月30日に一旦、販売の終了を行う予定です。購入希望の方はどうかお急ぎを!

 

osaka2kwaida.thebase.in

お知らせ①

第二回「大阪てのひら怪談」に投稿していただいた皆様、そしてSUNABAギャラリーに訪れてくれた皆様、審査員の先生方、酉島伝法さん、東雅夫さん、牧野修さんと、SUNABAギャラリーのオーナー樋口ヒロユキさん、そして今回も全ての応募作にイラストを付け、受賞作の記念品や立体展示物を作成して下さった、山下昇平さんに心からお礼申し上げます。

 

今回も読みごたえのある投稿作品が沢山集まりました。この出版不況では、なかなか手を挙げてくれる版元を見つけるのは難しいと思いますが、いつか「大阪てのひら怪談」が出版できればいいなという野望を持っています。

 

 

来年も出来れば「第三回大阪てのひら怪談」を開催したいと思っています。

皆様の応募あってこその企画です!

今後とも「大阪てのひら怪談」をよろしくお願い申し上げます。

 

田辺青蛙

SUNABAギャラリー賞受賞作品

作品タイトル:二度目 

筆名:吉田葵

 

「お客さん、二度漬けはあかんで」

 大阪にある隠れた人気串かつ店の店主は、基本大らかで優しいが二度漬けには

厳しい。

「す、すんません…」

 談笑していた二人組のサラリーマンは、その台詞を口にした店主の顔を見た途

端、足先まで凍るような思いがした。

「分かればええ。ほな、ゆっくりしてってな」

 にっこりと笑って厨房に引っ込む大きな背中を、二人は呆然としながら見送っ

た。その様子を見ていた常連客が赤い顔をこちらに近づけながら「やってもうた

な」と笑った。

「店主の顔も一度までや。もうやらんときや」

 多くの客が騒いで盛り上がる中、彼らは先程の顔を思い出して身震いをした。

しかし同時に、好奇心旺盛な若者は、無謀にもその先を見てやろうと考え始めて

いた。

「なあ、店主の顔の二度目ってどんなんやろ」

「やめとき…って言いたいけど、気になるな」

 店主が厨房から出てきたのを見計らって、薄く笑った二人は食べかけの串かつ

をこれ見よがしにソースの中にどっぷりと漬けた。

「お客さん、さっき言うたよな、あかんって」

 両手に皿を持った店主がこちらを見ている気配がする。今回はどんな顔だろう

か。怖いもの見たさで顔を上げた二人は、目に飛び込んできた思いもよらぬ光景

に絶句した。

「二度目は許さんで」

 店内にいる全員が馬鹿騒ぎをやめてこちらを見ていた。しかも店主と全く同じ

顔で。

 恐怖のあまり手足をばたつかせながら必死に店から逃げ出した彼らは、道頓堀

に向かって全力で走った。しかし。

「あほやなあ」「二度付けなんてするからや」

 ただの通行人も、グリコの看板も、威勢のいい客引きも、全てがあの顔で彼ら

を責めるのだ。腰の力が抜け、地面にへたり込む。

「すんません、もう許してください…!」

 無我夢中で謝罪の言葉を繰り返す二人の肩に、後ろからそっと大きな手が置か

れた。