第三回「大阪てのひら怪談」のお知らせ

大阪をテーマにした怪談を募集します!

 

あなたも怪談を書いてみませんか!?

~800字の「大阪怪談」を募集中!~

◆2月10日(土)~21日(水)まで、大阪のSUNABAギャラリーで、「第三回 大阪てのひら怪談展」が開催されます。

 

この企画展にちなんで「大阪」をテーマとする800字の怪談募集をおこないます。

  • 応募期間は2017年09月01日~2017年11月30日の午後11時59分送信まで●
  • (応募は締め切られました)

*応募資格は不問。大阪で生まれ育った方、大阪に現在お住まいの方はもちろん、大阪を一度も訪れたことがない方の応募も歓迎いたします。

*テーマについては、大阪と何らかの関わりがあれば可とします。歴史の陰翳に富んだ大阪という土地にまつわる話や、現代の大阪を舞台とする話はもちろん、大阪とゆかりのある人物や文学作品、歴史上の事件に関係する話、怖くて面白ければなんでもあり! の方針で臨みたいと思います。

※応募作品には出来る限り山下昇平氏がイラストを付け、SUNABAギャラリーにて展示予定です。

【応募宛先】 URL http://bit.ly/2hTsXjk

※昨年までと応募先が異なります。

 

応募フォームに入力し、送信を行って下さい。応募作はWeb上で公表予定ですが、改行、誤字訂正等のリクエストには応じられない可能性がありますので、十分に見直しを行ってからの投稿をお願いいたします。

応募で届いた作品はそのままコピー&ペーストで掲載されます。フォントや改行が意図したものと異なった状態で掲載される可能性がありますが、ご了承ください。

SUNABAギャラリーで掲載時には、応募作のフォント等を変更する可能性があります。(内容の変更を行う行為は一切致しません)

 

【審査員】

田辺青蛙(ホラー作家)、酉島伝法(SF作家・デザイナー・イラストレーター)、東雅夫(文芸評論家・アンソロジスト)、牧野修(SF・ホラー作家)、山下昇平(造形作家・イラストレーター・舞台美術家)50音順

 

 

【応募規定】

※実話・創作を問わず広義の怪談(怖い話、不思議な話、奇妙な話など)に属するオリジナルの物語を募集します。

※なんらかの形で「大阪」と関わりのある物語であること。

※応募資格は不問。

※応募作は商業出版社の本や雑誌やサイトで未発表のものに限ります。

※本文(タイトルや筆者名は含まず)字数の上限は800字。

なお筆名は、お一人一つのみを使用とさせていただきます。

※応募本数は1人3作品までとします。

※応募期間は2017年09月01日~2017年11月30日の午後11時59分送信まで有効

*選考は、田辺青蛙、酉島伝法、東雅夫牧野修、山下昇平がおこないます。

(応募作全作品を審査員が読んで選考を行います)

*入選作品はSUNABAギャラリーで開催されるイベントで朗読されるほか、記念品が授与されます。

 

【賞品】

大賞:1作品 

Amazon商品券1万円分と山下昇平氏のオリジナル作品を贈呈予定

優秀賞:3作品

商品券3千円分と大阪に纏わる記念品等を贈呈予定

佳作:5作品

大阪に纏わる記念品を贈呈予定

個人賞:5作品

審査員による記念品を贈呈予定

SUNABAギャラリー賞:1点

何が贈呈されるかはお楽しみに!

※SUNABAギャラリー賞のみ審査員による選考でなく、ギャラリーの来訪者による投票によって選出。

 

※SUNABAギャラリーは移転しました。

〒530-0015

大阪市北区中崎西1丁目1−6 吉村ビル302

Tel.080-6145-7977

sunabagallery@gmail.com

 

公募に関する問い合わせや、取材に関する連絡は下記のアドレスまでよろしくお願い足します。

osaka_kwaidan@yahoo.co.jp

 

「大阪てのひら怪談展 参」

2月10日(土)~21日(水)

http://sunabagallery.com

SUNABAギャラリー

space B

時刻:14~20時、水曜日18時

休廊日:木金休廊

入場料:無料

 

◆審査員プロフィール◆

田辺青蛙(たなべ せいあ)

1982年大阪府生まれ。2006年第4回ビーケーワン怪談大賞で「薫糖」が佳作となり、『てのひら怪談』に短編が収録される。2008年『生き屏風』で、第15回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞。近刊に『人魚の石』。

 

酉島伝法(とりしま でんぽう)

1970年大阪府生まれ。大阪美術専門学校芸術研究科卒。フリーランスのデザイナー兼イラストレーター。2011年、「皆勤の徒」で第2回創元SF短編賞を受賞。ペンネーム此花区にある2つの地名「酉島」と「伝法」をくっつけたもの。

2013年創元SF短編賞受賞作「皆勤の徒」を表題とする連作短篇集を刊行、第34回日本SF大賞を受賞。

棺詰工場のシーラカンス

 

東雅夫(ひがし まさお)

1958年神奈川県横須賀市生まれ。アンソロジスト、文芸評論家、怪談専門誌『幽』編集顧問。早稲田大学エクステンションセンター講師。2011年『遠野物語と怪談の時代』で日本推理作家協会賞を受賞。アンソロジーの企画編集やムック・児童書の監修、幻想文学を中心とする批評、怪談文芸研究、NHKテレビ番組の企画監修、朗読パフォーマンスなど、幅広い分野で著述・講演・公演活動を展開。著書に『文学の極意は怪談である』、『百物語の怪談史』など。監修書に『怪談えほん』『妖怪えほん』の各シリーズ(共に岩崎書店)ほか、総計200冊余の編著がある。

評論家として「ホラー・ジャパネスク」「怪談文芸」「800字怪談ムーヴメント」などを提唱。元早稲田大学非常勤講師。「怪談之怪」発起人の1人。

 

牧野修(まきの おさむ)

1958年大阪府生まれ。1992年『王の眠る丘』で第1回ハイ!ノヴェル大賞受賞。1999年『スイート・リトル・ベイビー』で第6回日本ホラー小説大賞長編賞佳を受賞。
2002年『傀儡后』で第23回日本SF大賞を受賞、2016年『月世界小説』で第35回日本SF大賞受賞・特別賞を受賞。
著書に『スイート・リトル・ベイビー 』、『傀儡后 』、『郭公の盤』『月光とアムネジア 』『水銀奇譚』、『冥福 日々のオバケ』『月世界小説 』など他多数

映画やゲーム作品のノベライズも多く手掛けている。

苦笑の楽園

 

 

山下昇平(やました しょうへい)

1976年宮崎県出身、筑波大学大学院芸術研究科洋画専攻修了。現代美術作家・造形作家・イラストレーター・舞台美術家など多分野にわたり活躍。2004年、『我々の業界』(武寛 著/イースト・プレス刊)の表紙イラストレーション。2005年、夢現舎ロンドン公演『蟻のごちそう』。2005年、岡田照幸『CATCH MY MUSIC 秘密の恋』のジャケットデザイン。2006年、個展『都会のすきま』。2006年、個展『空のゆめ』。 劇団夢現舎の美術全般(衣装、装置、小道具、チラシ)等。他にも数多くの著作物の装画等も手掛けており、ジャンルを問わず評価される作風は、現代アートと商業デザインとのあいだで揺れ動く現代美術界において新たな指針を示している。

 

■関連リンク■

Shohey's Gallery http://beansworks.co.jp/

twitter @yamashitashohey https://twitter.com/yamashitashohey

instagram https://www.instagram.com/yamashitashohey/

 

 

「ふるさと怪談トークライブ」公式WEBサイト

 

山下昇平ギャラリー

http://beansworks.co.jp/

 

山下昇平展 公式サイト | 開催情報・プロフィール | プロフィール

 

東雅夫の幻妖ブックブログ

http://blog.livedoor.jp/genyoblog-higashi/

 

怪談専門雑誌『幽』オフィシャルサイト

http://promo.kadokawa.co.jp/yoo/

第三回大阪てのひら怪談の応募は締め切られました

投稿いただいた皆様にお礼申し上げます。

これから審査員が全ての投稿作を読み、評価を行いSUNABAギャラリーにて結果を発表致します。

★「参加型イベント! 大阪・大怪談会」

日時:2018年2月11日(日)17:00~19:00
出演:ひらかた怪談サークル
入場料:1,000円 

ひらかた怪談サークルがSUNABAギャラリーにやって来ます!怪談を聞きたい人!語りたい人!どちらも大歓迎なイベントです!!

★「つくることとかくこと」

日時:2018年2月12日(月)16:00~17:00
出演:吉村萬壱、酉島伝法
入場料:1,000円

お二人に書くことと描くことの違いや思いについてや、作品制作の裏話?等について語り合っていただくイベントです。

 

★「第三回大阪てのひら怪談結果発表会」

日時:2018年2月17日(土)16:00~18:00
出演:東雅夫、山下昇平、牧野修、酉島伝法、田辺 青蛙
入場料:2,000円

第三回大阪てのひら怪談の結果発表を行います。

審査員による朗読と選評についてそれぞれの審査員が語ります。

★イベント参加お申し込み

参加ご希望の方は、下記フォームからお申し込みください。

「大阪てのひら怪談 参」2018年2月10日(土)~21日(水) SUNABA ギャラリー

http://sunabagallery.com/upcoming/20180210_ghost/ghost.html

 

f:id:osakakwaidan:20171201155907j:plain

 

SUNABAギャラリー 
〒530-0015 大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビル302
Tel.080-6145-7977
sunabagallery@gmail.com

http://sunabagallery.com

 

応募作178

ドッペルゲンガー フロム 大阪? 漫画版」
小野 創

f:id:osakakwaidan:20171201144743j:plain

※この作品は応募規定のフォーマットで投稿されたものではないので、審査対象には含めません。(表示されているのは作品の1P部分です)

ギャラリーで他の応募作と一緒に展示のみ行います。

応募作177

「街灯の下に」

岡花光鬼

 

チカチカと明滅する街灯の下には、少女が立っている。その白い肌は街灯の光の中で朧げに浮かび、ふわりと柔らかな綿毛を連想させた。けど少女に気づく者は誰もいない、僕を除いて。
一体いつから、何故そこにいるのか。この少女もまた、今にも消えて無くなりそうだった。

少女の足元には小さな花が一輪咲いており、彼女はそれを見守り続けている。花を打つ雨や優しく揺らすそよ風にも、彼女は表情を変えたことはない。
僕は以前彼女の傍に近寄ってみたことがある。けど気づかないのか、視線は足元を向いたままだった。僕は悲しく思いながらも、少し離れた場所から彼女を見守ることにした。
彼女は時々ふと空を見上げる。普段は表情のない彼女が晴れの空をどこか曇った眼差しで見ていたのが印象的だった。彼女の胸の内は、僕にはわかりそうもない。
フッと街灯が消え、ややあってからツンと音を立て明かりを戻した。よかった。まだ彼女はそこにいた。

遠くから賑やかな笑い声が近づいてくる。この路地はミナミから別の場所へ徒歩で移る者が時々通る。大声で話す男と、その話に大笑いで応える女たち。明らかに酔っ払いのそれだ。
僕は咄嗟に物陰に隠れ彼らが通り過ぎるのを待った。すぐ傍にいる少女にはやはり気づく様子はない。
すると男が唾を吐き捨てた。少女が初めて顔をハッとさせる。僕も思わず頭を上げた。唾は少女の足元の花にかかった。少女の目が悲しみで歪む。花は見る見る茶色くなり、萎れ、地に頭をつけた。
街灯が消える。次に点くと、少女の姿はなかった。

とうとう、消えてしまった…。
その後すぐに街灯も消え、明滅を辞めた。

肉体も記憶も失った僕が何故少女に固執したのか。それは結局わからなかった。
今朝河底池に男が浮かんでいたらしいけど、そんなことに興味はない。

煌々と灯るようになった街灯の下で、僕は待っている。
次はタンポポが咲くといいな。

ヒゲがむずつく。雨が降りそうだ。

花はまだ咲きそうにない。

応募作176

「みがわり人形」

春南 灯

 

「ごめんくださーい」
玄関に出てみると行商の女が佇んでいた。
「みがわり人形。千円でいいから」
そう言って、ぐいと押し付けて来た人形は、20センチほどの和人形。
断って粘られるのも面倒なので、言い値を女に渡す。
女は、にたりと嗤い、雨の街へ消えていった。
やれやれと人形を見ると、足の裏に小さく文字が書いてある。
「おおさか みがわり人形」
胡散臭いなぁ。
人形を下駄箱の上に置き、居間へ向かう途中、 箪笥の角に勢いよく左足の小指をぶつけてしまった。
痛みに堪えながら、一言呟いてみた。
「身代わりになって」
その瞬間、嘘のように痛みがひき、人形を見に行くと、左足が無くなっていた

応募作175

「結びの一番」

伊藤 智恵理雄

 

「宇良よ。おまえはタコ焼きでも食って、俺の闘いぶりを見とれ。
 大横綱谷風梶之助の連勝を止めた小野川喜三郎は、妖怪にも屈さなかったと言うぜ。
 この豪栄道豪太郎も大阪相撲の伝統を受け継ぐ力士、大関としての誇りがある!
 河童なんぞに負けられん!」
 豪栄道は、その気迫を本場所で発揮すれば、平幕相手の取りこぼしもなかろうという厳しい立合いを見せた。小柄な河童がその当たりを受け止めたのは驚きしかない。
 直線的な豪栄道の押しを、河童は回り込んで交わす。低く潜り込み河童十分の四ツ、そこから緑の手がマワシを離れ、尻に伸びる。さらに耳元に黄色の嘴を寄せ、挑発する。
「尻の穴から手つっこんで尻子玉ガタガタいわせたろか」
 豪栄道は、必死に脇と肛門を絞めた。余裕を見せていた河童の表情が、突如曇る。豪栄道が自分の体にふっていた清めの塩が、河童のヌメリを防いだのだ。形勢逆転、豪栄道は動きの止まった河童をガッチリ抱え込んだ。
「化け物には塩が効くってのは本当だな」と豪栄道はニヤリ、
「ドタマの皿かち割って脳みそチューチュー吸うたろか」
 焦った河童がむりやり腕を引き抜こうとした瞬間、豪栄道必殺の首投げが一閃!土俵に叩きつけられた河童は、高くバウンドして落ちた。
 豪栄道と宇良が、淀川沿いの土俵を去る間際、頭の皿が粉々に砕けた河童は「今日はこれくらいにしといたる」と事切れた。

応募作174

「汝の夢、己の心」

鶺鴒

 

日がとっぷり暮れた。私は身体も動かせず、声も出せず、ただ丘に立ち尽くしている。霧雨が降り始め、煙のようなものがかかった視界がぼんやりする。後ろから若い男の囁きが聞こえた。
「僕の心に君は生き生きしている、僕に注ぐ愛の全部君に捧げる。どうか僕と一緒に愛の虹を渡って欲しい。」
この声を聞くと思いの断片が頭の中で渦巻き、胸の奥ではひそかな不安や焦燥を紛らそうとした。私と言葉を交わしたことがない彼は、いつも大阪の靭公園で不快げに眉をひそめてギターを弾いていた。その様子は大変可哀そうに見えた。私は、一目で人を好きになってしまう女ではない、ただ彼がその弦を弾くたび、胸が高鳴る。彼は、今誰かに告白しているのだろう。暫くすると、絶え間のない雨音を縫って朦朧とおり細げに自分と似てるようにも思える女の声が聞こえてきた。
「私もあなたを愛している、心から愛している。」
 霧雨が降り続き、私の眼からぽろぽろ落ちたのは涙なのか、雨なのか、よくわからなかった。赤い血潮は温度を削り取られたように肌寒くなった。これまで味わった事がない凄愴の思いに襲われ、息も出来なくなった瞬間、日輪が登りかけ、目も覚めた。
遠い星の瞬きのような悲しげに震える夢であった。でも、夢の残響がまだ薄っすらと鼓膜に残り、両肩と胸が激しく波打って慟哭した。私は現実に掴むことを決めた。涙を拭ってベッドから降り、家を出て会いに行った。それから青く澄んでいる空を仰いだ刹那、彼の胸に飛び込み、
「あなたは私の心に奪われた罪がある」と私は甘く囁いた。
私は愛の炎の眼差しで彼を凝視し、彼の清冽な視線がふと重なり合った。私は彼の透き通るほどの瞳の中に、後ろ向きの銅像が見えた。全身鳥肌の立つ思いで愕然として振り返ると、空は光と影にくっきりと塗り分けられ、生き生きしてくっすと笑っている私の姿が鮮やかに浮かんでいた。夢の中で銅像がちっとも動かなかった。はっと目が覚めた。