第三回「大阪てのひら怪談」のお知らせ

大阪をテーマにした怪談を募集します!

 

あなたも怪談を書いてみませんか!?

~800字の「大阪怪談」を募集中!~

◆2月10日(土)~21日(水)まで、大阪のSUNABAギャラリーで、「第三回 大阪てのひら怪談展」が開催されます。

 

この企画展にちなんで「大阪」をテーマとする800字の怪談募集をおこないます。

  • 応募期間は2017年09月01日~2017年11月30日の午後11時59分送信まで●

*応募資格は不問。大阪で生まれ育った方、大阪に現在お住まいの方はもちろん、大阪を一度も訪れたことがない方の応募も歓迎いたします。

*テーマについては、大阪と何らかの関わりがあれば可とします。歴史の陰翳に富んだ大阪という土地にまつわる話や、現代の大阪を舞台とする話はもちろん、大阪とゆかりのある人物や文学作品、歴史上の事件に関係する話、怖くて面白ければなんでもあり! の方針で臨みたいと思います。

※応募作品には出来る限り山下昇平氏がイラストを付け、SUNABAギャラリーにて展示予定です。

【応募宛先】 URL http://bit.ly/2hTsXjk

※昨年までと応募先が異なります。

 

応募フォームに入力し、送信を行って下さい。応募作はWeb上で公表予定ですが、改行、誤字訂正等のリクエストには応じられない可能性がありますので、十分に見直しを行ってからの投稿をお願いいたします。

応募で届いた作品はそのままコピー&ペーストで掲載されます。フォントや改行が意図したものと異なった状態で掲載される可能性がありますが、ご了承ください。

SUNABAギャラリーで掲載時には、応募作のフォント等を変更する可能性があります。(内容の変更を行う行為は一切致しません)

 

【審査員】

田辺青蛙(ホラー作家)、酉島伝法(SF作家・デザイナー・イラストレーター)、東雅夫(文芸評論家・アンソロジスト)、牧野修(SF・ホラー作家)、山下昇平(造形作家・イラストレーター・舞台美術家)50音順

 

 

【応募規定】

※実話・創作を問わず広義の怪談(怖い話、不思議な話、奇妙な話など)に属するオリジナルの物語を募集します。

※なんらかの形で「大阪」と関わりのある物語であること。

※応募資格は不問。

※応募作は商業出版社の本や雑誌やサイトで未発表のものに限ります。

※本文(タイトルや筆者名は含まず)字数の上限は800字。

なお筆名は、お一人一つのみを使用とさせていただきます。

※応募本数は1人3作品までとします。

※応募期間は2017年09月01日~2017年11月30日の午後11時59分送信まで有効

*選考は、田辺青蛙、酉島伝法、東雅夫牧野修、山下昇平がおこないます。

(応募作全作品を審査員が読んで選考を行います)

*入選作品はSUNABAギャラリーで開催されるイベントで朗読されるほか、記念品が授与されます。

 

【賞品】

大賞:1作品 

Amazon商品券1万円分と山下昇平氏のオリジナル作品を贈呈予定

優秀賞:3作品

商品券3千円分と大阪に纏わる記念品等を贈呈予定

佳作:5作品

大阪に纏わる記念品を贈呈予定

個人賞:5作品

審査員による記念品を贈呈予定

SUNABAギャラリー賞:1点

何が贈呈されるかはお楽しみに!

※SUNABAギャラリー賞のみ審査員による選考でなく、ギャラリーの来訪者による投票によって選出。

 

※SUNABAギャラリーは移転しました。

〒530-0015

大阪市北区中崎西1丁目1−6 吉村ビル302

Tel.080-6145-7977

sunabagallery@gmail.com

 

公募に関する問い合わせや、取材に関する連絡は下記のアドレスまでよろしくお願い足します。

osaka_kwaidan@yahoo.co.jp

 

「大阪てのひら怪談展 参」

2月10日(土)~21日(水)

http://sunabagallery.com

SUNABAギャラリー

space B

時刻:14~20時、水曜日18時

休廊日:木金休廊

入場料:無料

 

◆審査員プロフィール◆

田辺青蛙(たなべ せいあ)

1982年大阪府生まれ。2006年第4回ビーケーワン怪談大賞で「薫糖」が佳作となり、『てのひら怪談』に短編が収録される。2008年『生き屏風』で、第15回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞。近刊に『人魚の石』。

 

酉島伝法(とりしま でんぽう)

1970年大阪府生まれ。大阪美術専門学校芸術研究科卒。フリーランスのデザイナー兼イラストレーター。2011年、「皆勤の徒」で第2回創元SF短編賞を受賞。ペンネーム此花区にある2つの地名「酉島」と「伝法」をくっつけたもの。

2013年創元SF短編賞受賞作「皆勤の徒」を表題とする連作短篇集を刊行、第34回日本SF大賞を受賞。

棺詰工場のシーラカンス

 

東雅夫(ひがし まさお)

1958年神奈川県横須賀市生まれ。アンソロジスト、文芸評論家、怪談専門誌『幽』編集顧問。早稲田大学エクステンションセンター講師。2011年『遠野物語と怪談の時代』で日本推理作家協会賞を受賞。アンソロジーの企画編集やムック・児童書の監修、幻想文学を中心とする批評、怪談文芸研究、NHKテレビ番組の企画監修、朗読パフォーマンスなど、幅広い分野で著述・講演・公演活動を展開。著書に『文学の極意は怪談である』、『百物語の怪談史』など。監修書に『怪談えほん』『妖怪えほん』の各シリーズ(共に岩崎書店)ほか、総計200冊余の編著がある。

評論家として「ホラー・ジャパネスク」「怪談文芸」「800字怪談ムーヴメント」などを提唱。元早稲田大学非常勤講師。「怪談之怪」発起人の1人。

 

牧野修(まきの おさむ)

1958年大阪府生まれ。1992年『王の眠る丘』で第1回ハイ!ノヴェル大賞受賞。1999年『スイート・リトル・ベイビー』で第6回日本ホラー小説大賞長編賞佳を受賞。
2002年『傀儡后』で第23回日本SF大賞を受賞、2016年『月世界小説』で第35回日本SF大賞受賞・特別賞を受賞。
著書に『スイート・リトル・ベイビー 』、『傀儡后 』、『郭公の盤』『月光とアムネジア 』『水銀奇譚』、『冥福 日々のオバケ』『月世界小説 』など他多数

映画やゲーム作品のノベライズも多く手掛けている。

苦笑の楽園

 

 

山下昇平(やました しょうへい)

1976年宮崎県出身、筑波大学大学院芸術研究科洋画専攻修了。現代美術作家・造形作家・イラストレーター・舞台美術家など多分野にわたり活躍。2004年、『我々の業界』(武寛 著/イースト・プレス刊)の表紙イラストレーション。2005年、夢現舎ロンドン公演『蟻のごちそう』。2005年、岡田照幸『CATCH MY MUSIC 秘密の恋』のジャケットデザイン。2006年、個展『都会のすきま』。2006年、個展『空のゆめ』。 劇団夢現舎の美術全般(衣装、装置、小道具、チラシ)等。他にも数多くの著作物の装画等も手掛けており、ジャンルを問わず評価される作風は、現代アートと商業デザインとのあいだで揺れ動く現代美術界において新たな指針を示している。

 

■関連リンク■

Shohey's Gallery http://beansworks.co.jp/

twitter @yamashitashohey https://twitter.com/yamashitashohey

instagram https://www.instagram.com/yamashitashohey/

 

 

「ふるさと怪談トークライブ」公式WEBサイト

 

山下昇平ギャラリー

http://beansworks.co.jp/

 

山下昇平展 公式サイト | 開催情報・プロフィール | プロフィール

 

東雅夫の幻妖ブックブログ

http://blog.livedoor.jp/genyoblog-higashi/

 

怪談専門雑誌『幽』オフィシャルサイト

http://promo.kadokawa.co.jp/yoo/

応募作97

「餌」

大和川葭乃

 

 鳥は恐竜の進化した姿だという。今こうして、アオサギを間近にしてみると、先日テレビで観た遺伝子操作で現代に復活した恐竜が人間を襲いまくる映画に出てくる小型の恐竜に似ていなくもない、と思えてくるから不思議なものだ。
 粉浜の商店街で買い物をした帰り道、私は住吉公園の池の端を歩いていた。黒い大きな影が頭の上を掠めていく。数羽のサギが左手の池に集まっていた。一人の老人が餌をばら撒いているのだ。小さなクーラーボックスからさびきに使うような小魚を池へ投げると、アオサギたちはくわぁくわぁとお互いを牽制しあい、大きな翼を羽ばたかせて池に落ちる前に魚を器用にキャッチする。ほんまはあかんねんやろな、と私は目の端でそれを追いながら歩いていく。野鳥の餌付けは禁止されているのだが、公園に集まる鳥たちに餌をやる人間はあとを絶たない。
 あいつら、なんでも喰いよるんやな。肉食恐竜の末裔やもんな。
 家に帰りつくと私は買ってきたものを冷蔵庫やストッカーに分類して片づけた。それから洗濯物を干しにかかる。
 妻は契約社員ながらフルタイムで働きに出ていて、帰宅は7時を回ることもある。子供たちはそれぞれ独立して家を出ているので、今は二人暮らしだ。リストラで会社を辞めてから2年になる。その間、仕事をしていないわけではなかったがこのご時世、一時雇用ばかりで長く続く仕事はなかった。今は主夫のようなことをして妻を支えてやるのが関の山だ。家のローンを退職金で払いきったことだけが救いのようなものだ。
 一人で昼飯の支度をする。以前は自分弁当を作るついでに妻は昼飯を用意していてくれたが、それもなくなって久しい。おかげで料理の腕は上がった。
そうや、買ってきたサバをさばくのに包丁を研ぐか。
 私はシンク下の包丁ホルダーから出刃包丁を取り出した。骨まで断てるように念入りに研いでやろう。
 あいつら、なんでも喰いよるもんな。
 私は妻の顔を思い浮かべた。

応募作96

「振り返ってはいけない」

夏目あみ

 

「難破橋の幽霊が出るって話知ってるか?」
彼女もいない仕事もできない貯金もない男の二人で

スマホをいじりながら生ビールを飲んでいた
「知らないです」
「戦時中に難破した船があったそうで出るらしいよ」
「え・・・なにがですか?」
「ライオンの動物の霊がでるらしいよ」
「うそでしょ」
「橋を渡ってる最中にスマホが鳴ったら近くにいるらしい」
「そんなアホな」
上司は強めに「振り返るなよ」と言った
「振り返るとどうなるんですか?」
「振り返ると・・・」
「振り返ると・・・」
ゴクリ
「あの世行きらしい」
「そんなアホな!」
「ガハハ!!じゃ、俺は難波橋を通らないんで!あばよっ!」
俺は一人で帰り道に難破橋の前に居た。
冬の寒さが身に染みる。
スマホが鳴った。
リリリン
俺の着信メロディーは黒電話ではない。
無視をして前へ進むと音は切れた
すると突然、
右肩を何かにたたかれた
振り返らず俺は言った
「な、なんだ!?」
返事はない
冷や汗が垂れまた着信メロディーが鳴りだした
リンリン!!
「うわぁ!助けてくれぇ~!!」
俺は走りだそうとすると右腕をつかまれた
「ひいいいっ!!!!」
なんだ!と思って俺は振り返ってしまった!!
「・・・っ」
「振り返ってはいけないっていっただろ」
「ん!!??んんんっっ!??」
よくみるとそれは先まで飲んでいた上司だった。
「ガハハッ!引っかかった!」
「ハァハァ・・・な、なにをするんですか、俺は本当に・・・」
「難破橋だけにナンパ!なーんちゃって!ガハハ」
冬の寒さがさらに寒くなる、極寒地点、絶対零度であった
鳴っていたのは会社から支給されたスマホだった
俺は尻もちをついて溜息混じりに叫んだ「な、なんでやねんっ!」
彼女もいない仕事もできない貯金もない俺たちは2件目の飲み屋へ
肩を組んで向かった
後ろに難破橋のライオンの像がついてきたことも知らずに

応募作95

「ナイトウォーカー」

れふにゅ

 

 今年の三月頃、夫から聞いた話。
「昨夜も今夜も、同じ人を見かけたんだ。女の人。昨夜は幼稚園の前で、今夜は車の工場前で。ご近所さんかなって思ったんだけど、全然知らない人だった。さっきすれ違ったときに目があっちゃったんだよ。そしたら近づいてきて、こっちに手をスーッと伸ばしてくるの。胸のあたりに。俺、避けた。超早く歩いて帰ってきた。なんだったんだろう、怖かった…魂抜かれるってああいうかんじかな」
それは一種の痴女ではないのかと私は邪推したが、夫は机に突っ伏しながら、思い出したように続けた。
「この寒いのに薄っぺらいTシャツ着ててさ。めっちゃポップな柄の。ええー、ほら、あの、あれ、なんだっけ? ストライプで…太鼓かなんか持ってるキャラいるじゃん…」
その夜以来、わが家で「くいだおれ太郎」の名が出ることはない。

応募作94

「にわとり」

 

仲良くしていた先輩がいなくなった――。
 寛子から相談を受けた伽歩は、とりあえず会って話を聞くことにした。
「部屋にあったんは、これだけ。天神さんの古本まつりに行くって言うてたから、多分そこで買うたんやと思うけど」
 鶏の表紙イラストが愛らしい、小口が黄ばんだ文庫本だ。ぱらぱらめくってみて、伽歩は思わずテーブルの上へ投げ出した。
「何これ」
「怖いやろ。文字にルビがふってあんねん」
 狭い行間に、びっしりと小さな鉛筆書きの文字。
 明日とか朝とか、小学生でも読めるような漢字にまで、すべて仮名がふってある。
「それだけちゃうで、途中からもっと怖なってくんねん」
 今度は寛子が文庫本のページを繰った。
 最初は整っていた文字が、崩れていく。
 少しずつ少しずつ。
 序盤と中盤では、もう同じ人物が書いたとは思えなかった。
 震えているとか、荒れているんじゃない。どんどんぎこちなく、たどたどしくなっていくのだ。
「うゎ」
 最後の数ページには、もう文字はなかった。子どもが絵本にするような落書きが、そこかしこに散らばっているだけだ。
「これはあかんわ。いっぺん見てもろたら?」
「見てもらうって、誰に?」
「三番街のとこに、古書街あるやろ? なんかわかるんちゃう?」
 混み合うカフェを出て、伽歩と寛子はうめ茶小路に向かった。一番高齢の主がいる店を選び、文庫本を査定してもらう。眼鏡をかけた老店主は、開口一番こう言った。
「天神さんの古本まつりで買うたんやろ」
 ふたりはゾッとして、自然と台詞がかぶっていた。
「なんで、わかったんです?」
「あそこじゃ、鶏は嫌われんねん。太宰府に左遷される道真公が、今生の別れを鶏の鳴き声に邪魔された、ってな」
「じゃあこの本、呪われてるんですか?」
「さぁ。でもこの本の持ち主は、読んでるうちにヒトでなくなっていったんかもわからんな」
 店主が文庫本の表紙を取ると、そこには血のように赤いもみじ、鶏の足形がついていた。

応募作93

「Diversity」

伊止止

 

 何度目のかの来阪か。私は道頓堀を訪れた。
 聞こえてくるのは大阪弁よりも、観光客の土地の方言、そして外国語の方が多い。
 よそ者だらけの中を、やはりよそ者の私はふらふら歩く。ユニークな看板やオブジェに囲まれて<私はどこにいるんだろうか>と不思議な感覚になるのを楽しんでいた。
 ふと、すぐ横での会話が耳に飛び込んできた。何語だろうか。全く知らない言葉だった。それどころか気づけば、周りの言葉はどれも聞き覚えのないものばかりになっていた。
 いや、言葉というより鳴き声のようだ。呻き声だ。咆哮だ。
んぎーきょ/りりりりり/おぼるぼぼbbr
 看板の放つ光で目が眩み、周囲の人の姿が奇妙なシルエットに見える。
にゅじゅりゅりゅ/えぎおこばぷふ
ずーけーずーけーずううううきえええええ
 私はどこにいるんだろうか。
 どこまで行っても、どこにも私の知っているものがない。聞いたことのある言葉がない。
 途方に暮れてへたり込みかけた時、もこもことした桃色の塊が横切った。
「〇*×$#ω」上を向いて何か叫んでいる。
 私はとっさにその肩をつかんだ。
「!?&+@◎・%%?」ピンクのダウンを着たおばさんが、きょとんとした顔で何ごとか言った。意味はわからない。
 でもそれは、はっきりと中国語だった。
 途端どっと喧騒が取り囲む。聞き慣れない言葉。意味不明の会話。だが全部人の言葉だ。
 私は涙をこらえつつ「そーりーあいむみすていく」と彼女にド下手な英語で謝った。
 中国人観光客のおばさんは怪訝な顔をして、そのまま連れたちと歩き去っていった。
 その背が人ごみで見えなくなると私は、韓国語を駆使する呼び込みと、ドイツ語の集団の間を抜けて、手近な通りに入った。通りの名は知らない。さて何を食べようか。なるべくなら、知らないものがいいな。

応募作92

「思い出焼き・キャリー」

新熊 昇

 ぼくは屋台であまりものを食べたことがない。そもそもあまり外へ出かけないし、出かける時は軽四だし……。たまたま大阪の街を歩いていて、キャベツとソースの焦げる匂いを漂わせているお好み焼きキャリーを見かけて、思わず駆け寄った。と言うのも、ボディにお好み焼きのほかに、昔一緒に暮らしたことのある猫たち――トラやキジやサバやブチたち――が愛らしく描かれていたからだ。
 一枚三百円のテイク・アウトを注文した。
 キャリーは老夫婦が切り盛りしていた。なぜか顔はよく見えなかったものの、声を聞いて愕然とした。
「猫たちは元気にしているか?」
 十五、六年ほど前に、相次いで病気で亡くなったはず父母が異口同音に尋ねた。
「うん」
 お好み焼きも、懐かしい「わが家」ふうのものだった。粉とキャベツと天かすは最初からまぜ、薄切りした豚肉をのせる……。
 店や冷凍食品のお好み焼きは、直径が二十センチくらいものがほとんどだが、うちのお好み焼きは直径が三十センチくらいの、かなり大きなものだった。父はコテを二つ使ってひっくり返していた。
 食べきれなさそうなときは、ソースやマヨネーズを塗る前にまるごと、半分または四分の一ずつに切って、冷ましてラップに包んで冷凍にしていた。業者の急速冷凍ではなく、冷凍庫でじょじょに凍らせたお好み焼きは、レンチンしても独特の味がして、ぼくは好きになれなかった。出されたお好み焼きは、それと同じ味がして懐かしく、美味しくはなかった。どこからか父の好きだったビールや焼酎の匂いも漂ってきてきて、キャベツや粉や豚肉の焼ける匂いと混じって流れた。
 父母が亡くなってから、自分で一からお好み焼きを焼いたことはない。
 キャリーのボディに描かれた猫たちは、とても幸せそうだった。