読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

受賞作:佳作

作品タイトル「ワルツ」 
筆名:和口 比沙子

よどの かわの よるの どてで おとこ ないふ もって ひそむ。そばを ひとり あるく おんな なにも しらず あるく おんな。おとこ さした おんな にげた おとこ おって もっと さした。おんな たおれ おとこ わらい さして さして さして さった。よどの かわの さむい どてで おんな しんだ よなか しんだ。

 

ふゆの どてを そめる ちしお つちに ふかく ひろく しみる。ねむる ちしお ゆめを みれば いまわ のきわ あげた さけび だれも いない どてに ひびく。はるの どてに とがる あおば むれて さくは まるい きいろ。やがて はなは わたげ になり よるの どてを しろく ともし はれた あさに そらへ とんだ。

 

きんに ぎんに ひかる わたげ かぜに のって おとこ さがす。きたへ にしへ ひがし みなみ おちた まちで としを こして はるに なれば またも さがす。かぞえ きれぬ きせつ めぐり うみを こえて はなが おおう。くにを またぎ  かけた はるに ついに わたげ おとこ みつけ へやの なかを じっと のぞく。

 

おとこ ふいに しせん かんじ まどを みやり ひめい あげる。つまと こども なにも みえず おとこ だけが みみも ふさぐ。はだし のまま いえを いでて たすけ もとめ さけび はしる。ろじに  はいり びるの すきま だれも これぬ せまい おくへ。そこで おとこ うごき とれず いまも ひとり たって いると。