読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第二回「大阪てのひら怪談」イラスト販売を開始しました。

大阪てのひら怪談 弐 特設webショップ 大阪てのひら怪談 弐 特設webショップ いずれも山下昇平 作 制作年:2016/W 210 x H 297 mm鉛筆 顔彩 アクリル絵具/紙4,000円(額別、税込)+送料 今回はSUNABAギャラリーのオーナーの樋口ヒロユキさんに販売をお…

ひらかた怪談サークルで大阪てのひら怪談の合評会

「ひらかた怪談サークル」で大阪てのひら怪談の合評会イベントを行うようです。 SUNABAギャラリーでは、ぞわぞわ来る怖くて面白い怪談話を連発してくれた「ひらかた怪談サークル」さん。3月19日に怪談を語りたい方、聞きたい方、怪談を書いてみたい…

大阪てのひら怪談について思うこと等

気が付けば今年で「てのひら怪談」が刊行されてから10年目なのですね。早いものです。 800文字ならば原稿用紙2枚だし、私でも書けるかも知れない。そう思って、今は無きオンライン書店ビーケーワンのコンテストに投稿したのが切っ掛で、それから800…

お知らせ②

色々と1人でやっているということもあり、手が回っておらず、告知が遅くなってしまいまして、申し訳ありません。 イラストの販売については、今回はSUNABAギャラリーのオーナーの樋口ヒロユキさんに委託を行うことにしました。 販売開始時期等が確定…

お知らせ①

第二回「大阪てのひら怪談」に投稿していただいた皆様、そしてSUNABAギャラリーに訪れてくれた皆様、審査員の先生方、酉島伝法さん、東雅夫さん、牧野修さんと、SUNABAギャラリーのオーナー樋口ヒロユキさん、そして今回も全ての応募作にイラス…

SUNABAギャラリー賞受賞作品

作品タイトル:二度目 筆名:吉田葵 「お客さん、二度漬けはあかんで」 大阪にある隠れた人気串かつ店の店主は、基本大らかで優しいが二度漬けには 厳しい。 「す、すんません…」 談笑していた二人組のサラリーマンは、その台詞を口にした店主の顔を見た途 …

SUNABAギャラリー賞決定!

ギャラリーに設置された投票箱に、投票された作品タイトルとコメント全てを掲載いたします。 もし、漏れや間違いがありましたらお知らせください。 作品タイトル:「いぬ」筆名:讃備たりあ 作品タイトル:「二度目」吉田葵 作品タイトル:「オチのある話」…

いよいよ明日は最終日!

「大阪てのひら怪談」の展示は明日15日までです。 SUNABAギャラリーの展示作品の売り上げによって次回開催が決まるのでよろしくお願いします!。 最終日は18時でクローズします。(オープンは14時) 受賞作が気になった方や、投票がまだお済みでない方…

応募作の採点表

今回の選考会は前回と違い、審査員全員が同じ場所に集まって選考会を行うのではなく、一次選考時に、それぞれが点数をつけて採点する形式で行いました。 その時の採点表の一部を公開致します。 5点 「シン・ク・リトル・リトル」筆名:御於紗馬 コメント:怪…

第二回「大阪てのひら怪談」田辺青蛙賞受賞作品

作品タイトル:浮いているもの 筆名:綾野祐介 今年は頻繁に豪雨に見舞われ、あちらこちらで河川は氾濫し大きな被害が出ていた。 幸いなことに大阪の中心を流れる淀川は氾濫こそしなかったが上流である桂川が氾濫してしまった。その日の少し後のこと。私は普…

第二回「大阪てのひら怪談」山下昇平賞受賞作品

作品タイトル:黄楊の阿舎 筆名:君島慧是 まだパトロンめいた気質の残っていた、明治か大正期の大阪商人が造らせたと云われる。 銘は小さく、建物の土台に《光重》が読める。似た名は幾つもあるが、この名前はあまり聞かないと、根付に詳しい人も云う。とも…

第二回「大阪てのひら怪談」東雅夫賞受賞作品

作品タイトル:お仁さま 筆名:笛地静恵 お仁さまは、ふたりでひとりです。一つのからだに、二つの頭があります。人形のようにきれいな顔をされています。まっくら闇の中でも、まつげまではっきりと見えます。おからだ自体が、ほのかに白く光をはなっている…

第二回「大阪てのひら怪談」酉島伝法賞受賞作品

作品タイトル:優先座席 筆名:矢口さとり 「お兄ちゃん、あんた何処まで乗ってくん?」 混み合う電車の中でも、大阪のおばちゃんの声はよく響く。 地声がでかいのもあるが、あの独特のイントネーションと、周囲の人間全てが聴衆であるかのような自信に満ち…

第二回「大阪てのひら怪談」牧野修賞受賞作品

作品タイトル:幸運のお守り 筆名:矢口慧 マルビルに生えてる四つ葉のクローバーは、幸運を呼んでくれる。 昨日、そんな噂を聞きつけて来たのは、小学一年生になる姪だ。「なあ、おばちゃん」 そう、甘えた声と共に、膝の上に乗ってくるのに、台所に立って…

第二回「大阪てのひら怪談」佳作受賞作品

作品タイトル:お試し 筆名:光原百合 昔、つきおうとった彼女と日曜日に梅田で待ち合わせたことがあってん。 阪神百貨店地下入口の近くの地下街や。あの辺、ふっとい柱が何本も天井を支えてるやんか。ちょうど肉まんの「蓬莱」の前の柱のとこで待ち合わせて…

第二回「大阪てのひら怪談」佳作受賞作品

作品タイトル:前回 筆名:赤い尻 「あの、心斎橋へはどうやって行けばいいでしょう」 なんばの小さい交差点で信号待ちをしていると、学生風の男二人組に声をかけられた。喋りかたから関西の人間ではないだろうと感じる。 彼らの背後がちょうど地下街への出…

第二回「大阪てのひら怪談」佳作受賞作品

作品タイトル:鋏音 筆名:羽場良日 人間、この年になると、古い知り合いに会う機会いうたら、葬式ばっかりですわ。去年の十二月に、昔なじみが逝きよって。信さんいうてね、菊師仲間やったんです。 菊師いうのは、菊人形に菊を入れる職人です。そうそう、枚…

第二回「大阪てのひら怪談」佳作受賞作品

作品タイトル:うにたま丼 筆名:剣先あおり 繊維の街、船場センタービル付近は昼ともなると飲食店の激戦区となる。周りに商社や金融機関がひしめく一大ビジネス街でもあり、胃袋の数も半端ではない。中でも王道は大阪らしく安い値段で美味い飯を出す店だ。…

第二回「大阪てのひら怪談」佳作受賞作品

作品タイトル:おるねん 筆名:野棘かな 天王寺駅近くに住む叔母の家を月に一度訪ねて夕食をご馳走になっていた頃のことだ。 夕暮れ時、駅からの途中で足が止まった。先日までそこに建っていた文化住宅が消え、焦げた黒い廃材などが乱雑に放置された光景が広…

第二回「大阪てのひら怪談」佳作受賞作品

作品タイトル:梅田ビッグマン前にて 筆名:寒池笑 二回生の夏。夕方、私は梅田のビッグマン前にいた。飲み会の待ち合わせだったと思う。大勢が行き交っていた。たむろしている人も多い。近くにいた会社員の集団が騒々しく、私は苛立ちながら待っていた。誰…

第二回「大阪てのひら怪談」佳作受賞作品

作品タイトル:Reflection 筆名:高家あさひ ご趣味は何ですか? 写真? 私も実はカメラを持ってるんですよ。 私のカメラは大阪で買ったものです。はじめて手に入れた一眼レフカメラ。だけど、そのころの私はひとり暮らしで、アルバイトをしながら授業に通う…

第二回「大阪てのひら怪談」優秀賞受賞作品

作品タイトル:西中島0番地 筆名:オキシタケヒコ 西中島で働いていた頃のことだ。常態化していた残業の途中で会社を抜け出し、牛丼屋で遅すぎる夕食をとった直後だった。 「うん、西中島までは来とんねん。いや、せやからわからんて。番地教えてぇな」 そ…

第二回「大阪てのひら怪談」優秀賞受賞作品

作品タイトル:それは心音ではない、電車の音だ。 筆名:国東 あたたかい闇が揺れる、ゼリーのように凝っている。一定のリズム。 エネルギーが送り込まれる。血と肉が集まる。彼は少しずつ、存在しつつある。だがそこは子宮ではない。非常灯もない真っ暗な室…

第二回「大阪てのひら怪談」優秀賞受賞作品

作品タイトル:サヨナラしたいの 筆名:紅侘助 もうほかに方法はないのだと思った。 あらゆる手段を講じてきた。色んな人に相談した。助力を仰いだ。でも誰も解決できなかった。お金も使った。時間も費やした。期待した効果が出ることはなかった。 東京に住…

第二回「大阪てのひら怪談」優秀賞受賞作品

作品タイトル:歯の話 筆名:剣先あやめ 定年後、父は毎日梅田にある歯神社の境内を掃除することを日課としていた。神社といっても祠のような小さいもので、参拝者もまばらだ。誰に頼まれたわけでもない。それでも父は、毎日箒とちり取りを片手に小一時間ほ…

第二回「大阪てのひら怪談」大賞受賞作品

作品タイトル:疳の虫 筆名:中野笑理子 父から聞いた話。 昭和8年生まれの父の生家は、大阪の下町で印刷業を営んでいました。 父が生まれる少し前から、家業は傾き、祖父が手をだしていた相場も値が下がり、商売を畳まなければいけないほどになっていたそ…

受賞作品のアップについて

本日2月14日から、受賞作品を順次UPしていきます。Blogのフォーマットの関係により改行等がズレてる場合もありますが、ご了承願います。訂正希望の受賞者は、メールでご連絡下さい。 [osaka_kwaidan@yahoo.co.jp] イラストの購入について多くのお問合…

第二回「大阪てのひら怪談」受賞作発表

大賞 「疳の虫」筆名:中野笑理子 優秀賞 「歯の話」筆名:剣先あやめ 「サヨナラしたいの」筆名:紅侘助 「それは心音ではない、電車の音だ」筆名:国東 「西中島0番地」筆名:オキシタケヒコ 佳作 「Reflection」筆名:高家あさひ 「梅田ビッグマン前にて…

いよいよ週末に迫ったイベント情報!

今週の土曜日から後半戦に入ったこの展示、日曜日には「第二回大阪てのひら怪談」審査結果発表イベントが行われます。 最終日の15日(水)は18時までの営業ですので、お気をつけて下さい。 ◆イベント情報◆ ★第二回大阪てのひら怪談審査結果発表2月12日(日)…

大阪てのひら怪談展示会情報その②

今回は投稿作品は、前回のような壁面展示でなく、クリアファイルに綴じて掲示を行っています。 クリアファイルの設置場所は階段下の白い机の上です。 分冊で5つあります。目次は同じ白い机の上に置いてありますので、そこからご自身の作品を見つけてみて下…

大阪てのひら怪談展示情報

種別:田辺青蛙プロデュース artist:山下昇平 展覧会名:「掌中世界 大阪てのひら怪談 弐」 会期:2月4日(土)~15日(水)入場料:無料 時間:14時~20時(水曜日18時) ★第二回大阪てのひら怪談審査結果発表2月12日(日)17:00~@19:00出演:東雅夫、牧野修…

応募リストの訂正

応募リストの一覧の数字に間違いがあったので、訂正いたします。 このたびは応募者の皆様に大変ご迷惑おかけしてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。 1、作品タイトル:「ドサカ府ど抗争」筆名:笛地静恵(ふえちしずえ)2、作品タイトル:「西中島…

第二回「大阪てのひら怪談」の応募総数発表!

2016年11月30日の午後11時59分に第二回「大阪てのひら怪談」の応募は締め切られました。 応募いただいた「大阪てのひら怪談」の作品には出来る限り山下昇平画伯がイラストを付けて2017年2月4日(土)から始まるSUNABAギャラリーでの企画展「掌中世界 …

現在の第二回「大阪てのひら怪談」応募作品数のお知らせ

149、作品タイトル:「大阪のとある駅」筆名:K.N150、作品タイトル:「その蜜柑の甘きこと比ぶるべくも無く」筆名:影森 灯子151、作品タイトル:「天満橋から」筆名:影森 灯子152、作品タイトル:「はないちもんめ」筆名:細江 小百合(ほそえ さゆり)15…

現在の第二回「大阪てのひら怪談」応募作品数のお知らせ

112、作品タイトル:「烏ケ辻」(からすがつじ)筆名:遠藤由実子113、作品タイトル:「思い出の一局」筆名:赤星早紀114、作品タイトル:「マーキング」筆名:金魚屋115、作品タイトル:「のろい」筆名:金魚屋 116、作品タイトル:「大坂」筆名:金魚屋117…

現在の第二回「大阪てのひら怪談」応募作品数のお知らせ

102、作品タイトル:「あ・な」筆名:柯南103、作品タイトル:「一枝」筆名:皇帝栄ちゃん104、作品タイトル:「質問メール」筆名:柯南105、作品タイトル:「嫌な解釈」筆名:横道恵理 106、作品タイトル:「長編伝奇怪談『八重垣魅琴と牛の首』クライマッ…

現在の応募総数のお知らせ。

97、作品タイトル:「小さい鳥居」筆名:丸地 毅明(まるち たけあき)98、作品タイトル:「シン・ク・リトル・リトル」筆名:御於紗馬99、作品タイトル:「 巷説・黒蜥蜴」筆名: 高家あさひ100、作品タイトル:「百八十度」筆名:冷梨(ヨミ:レナシ)101、作…

現在の第二回「大阪てのひら怪談」応募作品数のお知らせ

90、作品タイトル:「梅田駅のアフロ」筆名:久瀬たつや91、作品タイトル:「夢の通い路」筆名:木浪たおる92、作品タイトル:「おじさん」筆名:貝原93、作品タイトル:「顔」筆名:横道恵理 94、作品タイトル:「盛り塩」筆名:横道恵理 95、作品タイトル…

現在の第二回「大阪てのひら怪談」応募作品数のお知らせ

1、作品タイトル:「ドサカ府ど抗争」筆名:笛地静恵(ふえちしずえ)2、作品タイトル:「西中島0番地」筆名:オキシタケヒコ3、作品タイトル:「帰る 還る」筆名:ササクラ4、作品タイトル: 「マキオカブラザーズ」筆名: 高家あさひ5、作品タイトル:「み…

いよいよ来週開催!東雅夫×田辺青蛙対談ライブ「怪を『書く・読む・語る』800字怪談の世界」

いよいよ来週に迫りました、東雅夫×田辺青蛙対談ライブ「怪を『書く・読む・語る』800字怪談の世界」!お申し込みはまだ間に合いますよ~!当日のイベントについて少しだけご紹介いたします!第一部 「怪を『読む』」まずは朗読により「800字怪談」を耳から…

Arts and Short Ghost Stories event in Osaka!!

We are looking for short Ghost Stories in 800 letters related to Osaka. Here is the application address. osaka_kwaidan@yahoo.co.jp Applications will be accepted from Sep 30th through Nov 30th.Applications must be submitted in Japanese. Sub…

大阪てのひら怪談のポスター配布先を募集中

大阪てのひら怪談のポスターを設置してくれる所を募集しています。 もし、置いても良いよという方がいらっしゃいましたら部数と送付先を明記のうえ、下記のアドレスまでご連絡をお願いいたします。(サイズはA4です。画像はBlogに貼る為に、サイズを縮…

ひらかた怪談サークルとのコラボ企画開催!

10月16日(日)に枚方市立サンプラザ生涯学習市民センターにて、怪談作家の三輪チサさんと一緒に、800文字怪談を書くことについてのトークイベントを行います。 800文字の怪談の書き方や、大阪に纏わる怪談、前回の大阪てのひら怪談の応募について感じたこと…

第二回大阪てのひら怪談のお知らせ!!

大阪をテーマにした怪談を募集します! あなたも怪談を書いてみませんか!?~800字の「大阪怪談」を募集中!~ ◆2017年2月4日(土)~14日(火)まで、大阪の日本橋にあるSUNABAギャラリーで、展覧会名:「掌中世界 第二回 大阪てのひら怪談」が開催され…

山下昇平画伯のイラスト販売を開始しました!

osaka2kwaida.thebase.in BASEのサイト上で山下昇平画伯のイラスト販売を開始いたしました。 本当に長らくお待たせしてしまって、すみませんでした。 第二回の「大阪てのひら怪談」は初回の反省点等を踏まえて、開催致します。 イラストは全て一点物で、価格…

山下昇平氏のイラスト販売について。

サイト管理人の田辺青蛙です。 SUNABAギャラリーにて、展示された山下昇平氏のイラストの通信販売について、現在複数お問い合わせをいただいておりますが、しばらくお待ち下さい。 現在イラストの撮影と取り込みを行っていますが、まだ入金方法や発送手段etc…

最終候補作一覧

作品タイトル「飴のおばちゃん」筆名:GIMA作品タイトル「おおさかの壁」筆名:有爪作品タイトル「鉄輪」筆名:東大谷高子作品タイトル「梅田の地下男」筆名:月下蝶々作品タイトル:「顔」筆名:大庭くだもの作品タイトル「ワルツ」筆名:和口比沙子作品タ…

SUNABAギャラリー賞

作品タイトル:「ゲッシー」 筆名:山葵(わさび) 大阪南部にあるG大学の敷地には、通称「G池」と呼ばれる池がある。 自主映画の撮影やカップル誕生の場所として学内では人気のスポットであるが、そのG池は主がいるという。 謎の巨大生物、「ゲッシー」であ…

SUNABAギャラリー賞集計

作品タイトル「叔父のお笑い」1票筆名:ユーラシア大陸 作品タイトル「金槌」2票筆名:伊藤囮コメント:怖すぎて読んだの後悔したくらいです… 作品タイトル「B1へ」1票筆名:佐多椋 作品タイトル「冒険の書」2票筆名:幅広子宮 作品タイトル「喪中葉書」1票筆…

個人賞:田辺青蛙賞

作品タイトル「接触」 筆名:国東 もう握手やめよっか、とみざおりちゃんが言った。他の人とはしているのにって思ったけど、特別扱い感じたことも確か。俺たちはいつも手の甲でぽんぽんと励まし合った。騙されてるって思わないようにしてたかな。羨ましがっ…